日本には高級ブランド牛がたくさんあります。

有名なもので松阪牛、神戸ビーフ、米沢牛がありますよね。

ブランド牛は地域で定めた条件をクリアした牛で、全国的な基準がある訳ではないのです。

 

テレビなどでは高級〇〇牛のA5ランクと言われることがよくありますよね。

A5とはどういう意味なのでしょうか?簡単にご説明します。

この英数字は牛肉の格付けのことです。

 

格付けは日本食肉格付協会が定めて、お肉一つ一つに付けられています。

アルファベットはA・B・Cがあり、数字は5・4・3・2・1があります。それぞれAと5が一番上です。

 

アルファベットは歩留です。

歩留は牛から取れるお肉の量(g)です。

標準値はBです。赤身や脂肪などをメジャーで計測します。それを定めている計算式で計算し等級を決めます。標準より良いお肉をA、標準より劣るものがCとなります。

つまり、歩留は肉質については評価していません。肉付きの善し悪しをみています。

 

数字は肉質です。

最高値が5で最低値は1となります。

国内のお肉は、赤身肉よりは、サシが入った霜降りのお肉が高級品になります。お肉と脂肪の色も良いものを出なければ高評価にはなりません。

項目は5つあります。脂肪交雑(赤身の間の脂肪)の等級、肉色、光沢の等級、肉の締まり、きめの等級、脂肪の色沢、質の等級です。この中で評価が1番低い点が等級として発表されます。

ですので、A5ランクは牛の肉付き、肉質が共によく、全ての項目で最高の評価を得ているお肉ということです。

 

高級牛肉の美味しい食べ方

高級牛肉は味つけをしなくても美味しいです。なのでそのままの味を堪能出来る食べ方がオススメです。

焼肉ならシンプルに焼き、味付けをしないか、塩でいただきます。

焼き過ぎるとお肉が固くなってしまう上に、旨みも半減してしまいます。なので焼き加減には注意しましょう。

 

ステーキで頂く場合も焼きすぎには注意です。肉汁と一緒に旨みも流れてしまいます。中に火を通す時はアルミホイルで包んで余熱で通すと焦げません。

 

すき焼き、しゃぶしゃぶも同様に、煮すぎない、茹で過ぎないようにしましょう。お肉に少しピンク色が残った状態が食べ頃です。

しゃぶしゃぶで頂くときはおろしポン酢がオススメです。

 

高級牛肉にぴったりのおすすめレシピ

 


高級牛肉を生かしたレシピ。どんなものがあるか気になりますよね。

レシピをいくつかご紹介します。

 

牛肉のシシリアンライス

材料

ステーキ肉 200g、レタス 1/4玉、キュウリ 1/2本、ミニトマト 4個、ピーマン 1/4個、ニンニク 1片、米 1合、塩コショウ 適量、牛脂 適量、オニオンドレッシング 適量、マヨネーズ 適量

作り方

1 ご飯を炊きます。

2 レタスを食べやすい大きさに手でちぎります。ニンニクは薄くスライスにします。

3 ピーマンの種を取り、輪切りにします。キュウリも輪切りをします。トマトはヘタを取り、4等分にします。

4 ステーキ肉全体に塩コショウをします。

5 フライパンを熱し、牛脂をいれます。ニンニクを炒めます。

6 香りが出てきたらステーキ肉を入れ強火で両面焼きます。弱火で好みの加減まで焼きます。

7 焼き終わったら、斜めに切ります。よそったご飯の上に乗せます。

8 周りにレタス、キュウリ、トマトを盛ります。

9 ドレッシングを適量かけます。マヨネーズをかけたら完成です。

 

牛肉とナスのバルサミコマリネ

材料

薄切り肉 250g、ナス 2本、オリーブオイル 大さじ2、塩 少々、クレソン 1束

マリネのタレ

しょうゆ 大さじ2、バルサミコ酢 大さじ1、レモン汁 大さじ1、オリーブオイル 大さじ1、すりおろしニンニク 1/2片分

作り方

1 マリネのタレを全て器に入れます。よく混ぜて合わせます。

2 ナスを食べやすい大きさの乱切りにします。オリーブオイルと塩をまぶします。

3 フライパンを熱し、ナスを入れて火をつけ、蓋をします。焦げ目が少しついて柔らかくなったら火からおろします。粗熱を取ります。

4 お湯を沸かします。火を止めてお肉を入れます。色が薄ピンクに変わったらお肉を出します。水気を良く切ります。

5お肉が冷める前にマリネのタレに付けます。よく混ぜて全体に絡めます。

6 ナスを入れます。お肉の下に入れて味を染み込ませます。

7 クレソンを食べやすい長さにカットして、入れます。冷蔵庫に入れ2時間冷やしたら完成です。

 

牛肉とトマトの丼

材料

薄切り肉 70g、めんつゆ 15g、みりん 10g、水 100g、玉ねぎ 1/6個、トマト 1/4個、オリーブスライス 6枚、ホールトマト缶(裏ごしする) 50g、バジル 1枚、コショウ 適量、ニンニクチップ 適量、レモンスライス 1枚、ご飯 100g

作り方

1 鍋にめんつゆ、水、みりん、玉ねぎを沸かして玉ねぎに火を通します。

2 お肉を入れます。焼けたらホールトマト、トマト、オリーブ、バジルをちぎって入れます。軽く煮込みます。

3 ご飯を器に盛ります。上からかけます。

4 黒コショウ、砕いたニンニクチップをかけます。レモンのスライスを乗せて完成です。

 

ローストビーフ

材料

ブロック肉 400g、牛脂 1片、香味野菜(セロリ・玉ねぎ・ピーマン・にんじん・パセリなど) 適量、塩コショウ 適量、ローズマリー 適量

作り方

1 お肉を冷蔵庫から出します。夏なら30分、冬は1時間出します。

冷たいままだと中までお肉が焼けなくなります。なので忘れずに出しましょう。

2 オーブンを220度に温めます。

3 お肉が崩れないようにタコ糸で結びます。

きつく結ばなくて良いです。軽く巻く程度で大丈夫です。

4 お肉に塩コショウをたっぷりとつけます。ローズマリーもお肉につけます。

5 フライパンを強火で温め牛脂を入れます。

6 お肉の6面全てを焼きます。しっかり焼き色をつけてお肉の旨み逃がさないようにします。

7 オーブンの鉄板に香味野菜を敷き詰めます。お肉を上に乗せ、40分くらい焼きます。

8 オーブンを止めたらアルミホイルに包みます。30分くらい保温して肉汁を閉じ込めます。

9 粗熱が取れたらお肉をカットし盛り付けます。

 

菜の花と牛肉のサラダ

材料

薄切り肉 80g、菜の花 1束、プチトマト 100g、酒 大さじ1、白だし 小さじ1、水 大さじ1

ドレッシング

粒マスタード 小さじ1、しょうゆ 大さじ1、レモン汁 1/2個分、コショウ 少々、サラダ油 小さじ1

作り方

1 鍋に水と塩を少し入れて菜の花を茹でます。茹であがったら長さ4cmにカットします。白だしと水で下味をつけて絞ります。

2 プチトマトを4等分にします。

3 お湯を沸かし、お酒を入れます。お肉を広げて一枚ずつ茹でます。色が変わったら氷水にとり、冷まします。ざるにあげて水気をふきます。

4 ドレッシングの材料を良く混ぜ合わせます。

5 菜の花、トマト、お肉を盛り付け、ドレッシングをかけて完成です。

 

牛肉サラダ

材料

薄切り肉 100g、薄切りベーコン 1枚、玉ねぎ 1/4個、ベリーリーフ 1パック、オリーブオイル 大さじ1、粒マスタード 小さじ1、しょうゆ 大さじ1、みりん 小さじ1

作り方

1 お肉とベーコンは食べやすい大きさにカットします。

2 玉ねぎは薄くカットします。塩、砂糖を冷水に少し入れ、玉ねぎをつけます。3分くらいつけたら、水気をふきとります。

3 ベリーリーフを良く洗い、水分をふき取ります。玉ねぎと合わせて盛り付けます。

4 フライパンにオリーブオイルをいれ、中火で熱します。ベーコンと牛肉を軽く炒め、しょうゆ、みりんと絡めます。

5 お肉の色が変わったら火を止めます。マスタードを混ぜます。3の上に乗せたら完成です。

 

高級牛肉の美味しい食べ方まとめ

1高級牛肉は地域の条件をクリアした選ばれた牛肉。

2シンプルに焼き、そのまま食べるのがおすすめ。

3オススメのレシピはローストビーフです。

牛肉通販おススメランキング
店舗名 取り扱いブランド和牛 ギフト予算
1位:松阪牛やまと 松阪牛 5,500円から13万円程度
2位:肉のさかの 米沢牛 5,500円から10万円程度
3位:肉贈 松阪牛・米沢牛・神戸牛など 3,700円から30万円程度
4位:ミートマイチク 但馬牛、三田和牛など 3,500円から3万円程度
5位:ローストビーフたわらや 神戸ビーフ、松阪牛など 5,000円から10万円程度
6位:松阪牛.net 松阪牛 8,000円から5万円程度
おすすめの記事