【イチオシ牛肉通販おススメランキングbest3】
店舗名 取り扱いブランド和牛 ギフト予算
1位:松阪牛やまと 松阪牛 5,500円から13万円程度
2位:肉のさかの 米沢牛 5,500円から10万円程度
3位:肉贈 松阪牛・米沢牛・神戸牛など 3,700円から30万円程度


焼肉屋さんやスーパーでよく目にする牛肉のロースですが、実はある部位の総称したものを言います。

 

当たり前に呼ばれている「ロース」はいったいどこの部位の総称なのでしょうか。

 

ロースの知識を知ることで調理の幅が広がります。

 

おすすめレシピやおいしい食べ方も書いていくので、今夜の一品メニューにしましょう。

勘違いしているかも!牛肉ロースって本当は・・・


 

ロースというのは実は「豚の腰肉」部位を指します。

 

牛肉ではロースという部位ではなく、日本では「肩ロース」、「リブロース」、「サーロイン」を総称した名前です。

 

また、海外では「肩ロース」をチャック、「リブロース」をリブロインと呼び方が異なります。

 

ロースという言葉ですが、「焼く」、「蒸し焼き」、「炙り焼き」などの意味があるローストが語源になっています。

 

日本と海外で異なった意味や呼び方があるロースですが、日本の国の中でも関東では「ヒレ」と呼ばれていたものが「ヘレ」と呼ばれています。

 

普段使用している呼び名が必ずしも共通用語であるとは限らないのです。

肩ロースについて


 

「肩ロース」は関西では「クラシタ」と呼ばれます。

 

また、希少価値の高い肩ロースは「ざぶとん」とも呼ばれます。

 

肩ロースは首から胸のあたりまでの部位のことでサシが特徴です。

 

濃い赤色から薄い赤色で肉質はきめが粗いところから細かくなっていきます。

 

サーロインに比べて肉の味が薄いため、すきやきやしゃぶしゃぶなどに使用されることが多い部位です。

 

リブロースについて


 

「リブロース」は背中の部位で、肩とサーロインの間にあります。

 

大きくサシが入っているため柔らかく高い価格で販売されていることがあります。

 

また、リブロースはステーキやしゃぶしゃぶなどで使用されることが多い部位です。

 

海外でも、高い価格で販売されることが多く特別なステーキとして調理されることがあります。

 

サーロインについて


「サーロイン」は腰肉の部位のことを言います。

 

日本ではステーキによく使用され、レアやミディアムおよびウェルダンと焼き方が調整出来る牛肉としても特徴があります。

 

ただ、私は柔らかい肉質が好きなのでレアでよく食べます。

 

焼き過ぎると硬くなってしまう肉質なので注意が必要です。

 

コストコの牛肩ロースがおいしい!


 

大量に購入することが出来ることから人気のスーパー「コストコ」で購入することが出来る肩ロースはとってもおいしいです!

 

焼肉などで焼いて食べるととてもおいしい加工品の肩ロースは、「米国産チョイスプルコギビーフ肩ロース」です。

 

ただの肩ロースではなく、韓国風のタレに漬け込んで販売されているため焼くだけでおいしく食べられます。

 

甘辛いタレに付け込まれた肩ロースは柔らかくて食べやすいことも人気のひとつです。

 

1パック1700グラムで大量に販売されているので、シェアしたりお弁当に使っても満足の量です。

 

焼肉として食べる他にも、春巻きの皮に包んで食べてもおいしく食べられますよ!

 

是非一度購入してみて下さい。

おいしいロースを食べたい!おすすめの調理法


 

おいしいロースを食べたいなら、おすすめは薄切りで食べることです。

 

厚切りでもロース特融のジューシーな味わいを感じることが出来ますが、薄切りで食べるとさらにうまみを感じます。

 

薄切りで食べるなら炒め物が最適です。

 

豆苗と一緒に炒めたりすき焼き風にして煮込んだりしてもおいしく食べることが出来ます。

 

また、薄切りでは野菜に巻いて焼く料理もおいしいですよ!

 

トマトに巻いたり、にんじんやインゲンおよびごぼうや長芋などたっぷりの野菜に巻いて食べれば栄養もたっぷりと摂取が出来ます。

 

ただ、サーロインを食べる時は1センチ以上の厚さで切りましょう。

 

厚みがあるサーロインをフライパンで焼いてステーキにしても肉汁は逃げません。

おいしいロースのオススメレシピ1~タリアータ~


 

パーティーメニューとしておすすめのレシピを紹介します。

 

タリアータとはイタリア料理であり薄く切ったステーキのことを言います。

 

基本的にはイタリア料理に使用されるルッコラなどの野菜と一緒にチーズを乗せて食べます。

 

ホームパーティーなどでルッコラやトマトなどと一緒に出すタリアータはパーティーに華を添えます。

 

ステーキを薄切りにするので大勢でシェアをするには適しているレシピです。

 

2人分の材料を紹介しますが、人数によって材料を変更しましょう。

 

材料:リブロースまたはサーロイン150グラムから200グラム

   ベビーリーフ1

   ミニトマト2

   パルミジャーノチーズ少量

   塩適量

   胡椒適量

   オリーブオイル適量

   レモン汁適量

 

作り方:牛肉を常温に置き30分待ちます。

    お皿にベビーリーフをのせます。

    可能であればミニトマトの皮を剥いてお皿にのせましょう。

    パルミジャーノチーズを細かく切ります。

    常温に戻した牛肉に塩胡椒を強めに振り、フライパンで強火30秒ほど焼いたら弱火にし1分熱します。

    牛肉を裏返して1分間焼きます。

    牛肉を取り出し、アルミホイルで包み5分間余熱で温めます。

    牛肉が落ち着いたらそぎ切りにしてレモン汁とパルミジャーノチーズをかけてお皿に盛り付け、完成です。

 

おいしいロースのオススメレシピ2~ロースのサンドイッチ~

 


家族でのピクニックや運動会、お花見などに作り持って行くとぴったりのレシピがサンドイッチです。

 

特別な日のサンドイッチにはロースを入れて豪華なランチにしましょう。

 

ジューシーなロースのサンドイッチはさっぱりとしたわさび醤油で味付けするとぴったりです。

 

生わさびを使用すればよりおいしく食べることが出来ますが、市販のチューブタイプのわさびに醤油を混ぜ合わせてもおいしいサンドイッチになります。

 

今回は市販の加工食品であるローストビーフを使用したサンドイッチを紹介します。

 

ロースは薄切りにして食べることでよりうまみを感じることが出来ます。

 

薄切りのロースを使ったサンドイッチはまさに黄金比なのです。

 

1人分の材料を紹介します。

 

材料:市販のローストビーフ50グラム

    パン2

    レタス20グラム

    トマト20グラム

    玉ねぎスライス10グラム

    生わさび10グラム

    醤油大さじ2

    みりん大さじ1

    オリーブオイル大さじ2

 

作り方:玉ねぎとトマトは薄くスライスして、レタスは食べやすい大きさに切ります。

    生わさびをすり、醤油とみりん、オリーブオイルを加えて混ぜ合わせます。

    パンを焼き、上にレタス、トマトおよび玉ねぎ、ローストビーフを重ねます。

    生わさびソースを具材の上からかけて、パンで挟めば完成です。

 

おいしい牛肉のロースについてのまとめ


 

薄切りでも厚切りでもでおいしく食べられる牛ロース肉についてまとめを紹介します。

 

牛肉のロースですが、

・「肩ロース」、「リブロース」、「サーロイン」の総称です。

・コストコの肩ロースがおいしくてヤミツキです。

・薄切りにして炒め物を調理することがおすすめです。

・イタリア料理のタリアータはホームパーティにぴったりです。

・サンドイッチはわさび醤油と合います。

 

部位の総称であるロースは、「肩ロース」、「リブロース」、「サーロイン」などによって調理方法が異なります。

 

薄切りでローストビーフとして食べたり炒め物料理をして食べると、ロースの味を感じることが出来ます。

 

肩ロースやリブロースは薄切りがおすすめですが、サーロインを食べる時は厚切りにして食べるのがおすすめです。

 

ジューシーな肉汁も口に入れるまでは溢れるのを我慢してくれます。

 

おいしいロースを今夜の一品にしてみてはいかがでしょうか。

【イチオシ牛肉通販おススメランキングbest3】
店舗名 取り扱いブランド和牛 ギフト予算
1位:松阪牛やまと 松阪牛 5,500円から13万円程度
2位:肉のさかの 米沢牛 5,500円から10万円程度
3位:肉贈 松阪牛・米沢牛・神戸牛など 3,700円から30万円程度
おすすめの記事